生蕎麦を茹でる際に気を付けたいポイント | 静岡 磯おろし そば処 戸隠(とがくし) 富士店 Togakushi-Fuji

 
そば処 戸隠(とがくし) 富士店
TEL/0545-35-5533 E-mail
お品書き 店舗案内 通信販売 お知らせ ブログ リンク集 HOME

生蕎麦を茹でる際に気を付けたいポイント

当店は、静岡県富士市にあるお蕎麦屋さんです。自慢の磯おろし蕎麦をぜひ食べにいらして下さい。そのほかせいろや温かい蕎麦、つけ麺など豊富なメニューをご用意しています。また、お土産として販売する生蕎麦セットもおすすめです。生蕎麦は通販お取り寄せいただくことも可能なので、どうぞお買い求め下さい。商品ページでおいしい茹で方についてご紹介していますが、こちらでは茹でる際の注意点をより詳しくご紹介いたします。

 用意するお湯の量について

まずはお湯を準備しますが、たっぷり用意し、少ない量の麺を茹でるというのがポイントです。一度にたくさんの麺を入れると麺どうしがくっつきますし、火の通りも悪くなってしまいます。4人前の場合は、2〜3回に分けて茹でることをおすすめします。

 お湯に入れる際の注意点

次に麺を入れていきますが、その前に新聞紙などに麺を広げてほぐしておきましょう。先にほぐしておくと、鍋の中で麺どうしがくっつくのを防げます。ほぐすと乾燥しやすい状態になりますので、すぐにお湯に麺を入れるようにします。万が一乾燥すると麺が切れやすくなってしまいますのでご注意下さい。また、入れる際も麺を軽く持ち、強く握り過ぎないよう気をつけましょう。

 茹でる際の注意点

麺を入れると温度が下がって沸騰がおさまりますが、火加減は強火のままで再沸騰させましょう。麺が浮いてきたら、麺どうしがくっついて固まらないよう、箸でなべ底から持ち上げるようにしてやさしくかき混ぜます。強くかき混ぜると切れる原因となっていますのでご注意下さい。

また、沸騰するとお湯がふきこぼれやすくなりますが、ここで差し水をするのはおすすめできません。蕎麦は、一定の温度で茹でることでおいしく仕上げることができます。差し水をすると温度が急激に変化し、おいしさを損ねてしまいかねません。火加減を調節してふきこぼれを防ぎましょう。

 ゆで上がった麺をざるに移して洗おう

ゆで上がった麺は、ボールを下に敷いたざるに移して洗います。やさしくゆっくりと、麺のぬめりがしっかりとれるまで揉み洗いして下さい。最後に水気をしっかりと切り、器に盛り付けて完成です。続けて麺を茹でる際は、減った分のお湯を追加することが大切です。

お得な情報満載の
モバイルサイトはこちら
静岡 磯おろし そば処 戸隠(とがくし) 富士店
〒417-0801 静岡県富士市大渕2478-6 TEL/0545-35-5533
営業時間/平日[11:00〜15:00 18:00〜20:00] 土日祝[11:00〜15:00 17:00〜20:00] 月曜[11:00〜15:00]
定休日/火曜日 Email:info@tg94-fuji.com
Copyright (C) 2010 Togakushi-Fuji. All Rights Reserved.