そば屋と日本酒の関係 | 静岡 磯おろし そば処 戸隠(とがくし) 富士店 Togakushi-Fuji

 
そば処 戸隠(とがくし) 富士店
TEL/0545-35-5533 E-mail
お品書き 店舗案内 通信販売 お知らせ ブログ リンク集 HOME

そば屋と日本酒の関係

大晦日になると年越しそばを食べるという習慣がある日本ですが、なぜそば屋で日本酒を扱っているお店が多いのでしょうか?そば屋と日本酒の関係についてお話したいと思います。

 そばが日本で広まった背景

そばの歴史ページでもご紹介しておりますが、そばを現代のように長く細い麺状にして食するようになったのは、天正2年(1574年)頃と言われています。その後江戸時代初期頃から日本人の食文化に定着していきますが、当時建設ラッシュを迎えていた江戸には各地域からの職人や労働者たちが数多く集まっており、安く食事ができ酒も楽しめるそば屋に人気が集まったと言われています。

 そば屋に日本酒が登場した背景

そば屋で食事をしているとよく目にするのが日本酒です。江戸時代初期から私たちの生活に定着し始めたそば屋と日本酒には実は深い繋がりがあります。当時のそば屋は、上記でも述べたように職人や労働者たちがよく足を運ぶ場所でしたが、その頃のそばは、素材が持つ本来の香りを生かすため、注文を受けてから打つのが一般的でした。一からそばを打ち、調理をするには時間がかかってしまいます。そのため、待っている間に板わさや焼き海苔、だし巻き玉子などをつまみに、お酒を飲むというスタイルが一般的になったのです。これらのつまみと相性がいいお酒が日本酒でした。今とはちょっと違うそば屋のサービスが、日本酒との繋がりを作り出したと考えられています。

静岡県富士市に店を構える当店では、国内でも人気の高い「戸隠そば」をお召し上がりいただけます。香り高い独特の風味のある戸隠そばに大根おろし・のり・揚げ玉を乗せた「磯おろし」は、元祖おろしそばとして人気のメニューです。また日本酒やだし巻き玉子などもご用意しておりますので、ぜひ静岡県富士市にお越しの際には、当店が販売しているそばと共にご堪能下さい。また通販でのお取り寄せも可能です。静岡県富士市以外の方でも気軽に本場の味を堪能できすので、ぜひ年越しなどにもご利用下さい。

お得な情報満載の
モバイルサイトはこちら
静岡 磯おろし そば処 戸隠(とがくし) 富士店
〒417-0801 静岡県富士市大渕2478-6 TEL/0545-35-5533
営業時間/平日[11:00〜15:00 18:00〜20:00] 土日祝[11:00〜15:00 17:00〜20:00] 月曜[11:00〜15:00]
定休日/火曜日 Email:info@tg94-fuji.com
Copyright (C) 2010 Togakushi-Fuji. All Rights Reserved.